夜空に輝く満点の星空のように、チェロのアンサンブルを通して煌きたい。
東北チェロアンサンブル「銀河」
東北の地に生まれた新しい音楽の楽しみ方です。

第10回チェロアンサンブル・コンテストinかさおか】のご案内(第一報)をお届けします。

 
 今年も、昨年に引き続き、第10回となるチェロアンサンブル・コンテストが岡山県笠岡市で開催されます。
 
 昨年のコンテストには『銀河』から4名がカルテットとして参加しましたが、今年は8名以上での参加を見込んでおり、前嶋先生もコンサートマスターとして演奏される予定をしていますので、皆さん、奮ってのご参加をお待ちしております。
 
 まずは第一報として、【実施要項】をご覧ください。演奏曲目など詳細につきましては、後日、第二報以降でお知らせさせていただきます。


フォームの改善を行ないました。

 
本サイト内の各フォームで不備があり、皆さまからのご連絡に対して、きちんと対応できていない期間がありましたこと、大変申し訳ありませんでした。改善いたしましたので、お知らせさせていただきます。今後ともどうぞよろしくお願いします。


 東北チェロアンサンブル「銀河」第1回発表会を終えて

 
 2015年10月に発足した東北チェロアンサンブル「銀河」の第1回発表会が、今年10月22日にエルパーク仙台で行なわれました。
 
 発表会は仙台の他、郡山、一関からの参加者も含め、総勢17名の参加で行なわれ、プログラム構成は第一部が全員合奏で、やや難曲ではあるもののチャレンジ的な意味合いでクレンゲルの「4つの小品」からの3曲を中心に演奏されました。
 
 第二部は少人数アンサンブルで、デュオが3組、カルテットが1組の演奏でした。カルテットが演奏したゴルターマンの「ロマンス」は、今年7月に岡山県笠岡市で行なわれたチェロアンサンブル・コンテストに参加した際に取り上げた曲でした。
 


 
 第三部は全員合奏で、昨年、仙台で行なわれた「第5回1000人のチェロ・コンサート」で演奏されたラッヒナーの「セレナーデ」、ゴルターマンの「レリジオーソ」を中心に、久石譲のよく知られた「となりのトトロ」など、アンコールには菅野ようこの「花は咲く」が演奏されました。
 
 チェロアンサンブル「銀河」の全体練習は毎月1回が基本で、本番1ヵ月前からは毎週末に行なわれ、アンサンブル力の向上を図ってきました。本番まで1ヵ月を切る時期になって、練習での音の響きが格段に良くなり、参加者が本番に向け集中している様子が伝わってきました。
 
 本番当日のゲネプロでは、会場の音響と各パートの配置に問題があったのか、各パート相互間の音が聴き取りにくく、アンサンブルが少し乱れる場面もあり、やや不安が残りました。しかし、「多少のミスやアンサンブルの乱れを気にし過ぎずに思い切り演奏しよう」と切り替えて、本番は全体的には上々のできだったと思います。
 
 演奏を聴きに来られた入場者は62名で、会場の収容能力からすれば、もう少し余力がありました。事前の宣伝や広報は可能な限り行なったつもりですが、今後の検討課題の一つでしょう。しかし、アンケートの回答数が35名あり、「大変良かった」12、「良かった」17、「まあまあ聴けた」5、「もう少しがんばって」1、と比較的高評価でした。
 
 その中で、「比較的初心者が一生懸命弾いている姿に好感」や「人前でたくさん弾いてください、聴きに行きます」などは大変励みになりますし、第二部の「少人数アンサンブルがもっと聴きたい」という方も少なくなく、今後、プログラム構成で検討していきたいと思います。半面、指揮者なしでの全員合奏によるマイナス点の部分で各パート間のバランスなどの問題を指摘されたコメントもありました。この点も改善するために何が必要かを考えていきたいと思います。
 
 「銀河」の第1回発表会の成功は、演奏に参加されなかった会員も含めたすべての会員のチームワークと、様々な形で応援してくださった皆様のおかげです。第2回の発表会が、より多くの演奏参加者で、より充実した内容で、より多くの方々に聴いていただけるよう努めていきたいと思っています。今後もどうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。
 

                         音楽指導担当  前嶋 淳

東北チェロアンサンブル「銀河」第1回発表会を、
10月22日(土)に開催しました!

 
 【東北チェロアンサンブル「銀河」第1回発表会】を無事に終えました。
たくさんの皆様の温かなお言葉と拍手をいただき、
メンバー一同、大変感激しております。
報告記事は追って掲載させていただきますが、
まずは、写真と当日プログラムを掲載しました。
 
→第1回発表会プログラム


東北チェロアンサンブル「銀河」第1回発表会を、
10月22日(土)に開催します!

 
 
【東北チェロアンサンブル「銀河」第1回発表会】を
以下の要領にて開催する運びとなりました。
NPO国際チェロアンサンブル協会から「後援」していただいております。
→NPO国際チェロアンサンブル協会公式サイト
 
これまで練習会に参加されていた方々のみならず、
都合でなかなか参加できなかった方々、
これを機会に入会されて、一緒に弾いてみたい方、
奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。
 
ご参加いただけます方は、『銀河』メールアドレス宛にお知らせください。
 

発表会のチラシです!

 
■日時  2016年10月22日(土)

      午前中:ゲネプロ
      13時30分~本番
 
場所  エル・パーク仙台スタジオホール(仙台三越 定禅寺通り館)
      (仙台市 青葉区一番町4-11-1) →アクセス
 
演奏曲目 
 ①ラッヒナー:セレナーデ
 ②ゴルターマン:レリジオーソ
 ③クレンゲル:4つの小品より「無言歌」
 ④クレンゲル:4つの小品より「ガヴォット」
 ⑤クレンゲル:4つの小品より「ララバイ」
 ⑥久石 譲風の谷のナウシカ
 ⑦ワーク:大きな古時計
 ⑧久石 譲となりのトトロ
 ⑨久石 譲いつも何度でも
 ⑩バッハ:メヌエット
 ⑪Sicut locutus est(Even as He Promised) 
 
入場料  無料
 
お問合せ →「銀河」メール  


私たちと一緒にチェロアンサンブルを楽しみませんか?

 

入会資格は、特にありません。
入会金も必要ありません。

とてもリーズナブルな価格で、チェロアンサンブルの醍醐味を味わえます。
まずは、見学にいらしてください。
詳しくは、「メンバー募集中」の画像をクリックしてください。


東北チェロアンサンブル銀河の公式サイトがスタートしました!

 
 2016年8月、夜空にいっぱいの夏の星座が輝く季節に、「銀河」の公式サイトがスタートしました。これから私たちのさまざまな活動を広く皆様にお知らせさせていただきます。
 
 そして、一人でも多くの皆様との新しい出会いも楽しみにお待ちしております。チェロが大好きな方、誰かと合奏をしてみたいという方、どうぞこの公式サイトで様子をご覧いただき、私たちにお問い合わせください。
 

 どうぞよろしくお願いします。

「銀河」の中の小さな営みですが、チェロを通して宇宙に響きを送るアクティブなイメージをロゴに込めました


参加しました! 第9回チェロアンサンブルコンテストinかさおか!

 
 何回もの猛レッスンの後、前嶋先生の「幸運を祈ります」との祝福の言葉に送られて、岡山県笠岡市まで、髙坂知節先生、神谷幸子さん、伊藤郁子さんと4人で行ってまいりました。7月31日(日)に笠岡で行なわれた第9回チェロアンサンブルコンテストに出演するためです。
 


 
 今回はチェロ・カルテットという大変難しい形態での参加でしたが、演奏する課題曲の「風の名前を教えて」、自由曲として選んだ、キーベの「メロウ チェロ タンゴ」、そしてゴルターマンの「ロマンス」に対して持つイメージ通りの表現がなかなかできなく、自分の技量不足を痛感いたしました。が、同時に練習を重ねるたびに、他のパートの音を聴くことができるようになり、アンサンブルの楽しさも感じられるようになってきました。今後はより一層精度をあげ、もっと美しいリズムとハーモニーを作れるようになりたいと思います。
 
 このように自分の演奏面では課題山積みではありましたが、全国のチェロ仲間との交流、ステージでの緊張感、また、早朝から大音響のクマゼミの合唱、瀬戸内の海に映る花火、おいしい手作りの祭り寿司など、楽しい夏の思い出満載の2日間でした。
 
 実行委員長の中村幸太郎さんをはじめ、お世話してくださった皆様方、本当にありがとうございました。また、お忙しい中をご指導いただいた前嶋先生、髙坂先生、伊藤様、神谷様には深く感謝いたします。
 
 実は、今回本当に不安だったのは、大きな楽器を持って、仙台から岡山県の笠岡まで長距離移動ができるだろうか、ということだったのですが・・・。もう大丈夫!これからはチェロを担いでどこまでも行っちゃいますよ!!
 

 佐藤 弘美